おまとめローンは総量規制対象外?限度額はいくらまで?

総量規制対象外のまとめローンは、ローンを一本化するために役立ちます。
専用のまとめローンはすべて総量規制対象外であり、キャッシングなどをまとめるのに適しています。
キャッシングの多くはカードで借りるタイプが多いので、非常に借金が増えやすいという性質があるのです。
限度額を上限として、何度でも借りることができるためです。
返済した直後に借りることも可能なので、あっという間に借金が膨らんでしまいます。

キャッシングは高金利ローンが多いので、借入が大きくなるほど利息も増えます。
長年キャッシングを利用している方は借入件数も増えやすいので、ローンの返済に逼迫している方が少なくありません。
毎月の返済が厳しくなってきたら、債務整理よりも一本化を考えてみるべきなのです。
債務整理だと信用情報に登録されますが、総量規制対象外のまとめローンの利用ではそれがありません。
低金利ローンでまとめることで、返済はかなり楽になるはずです。

まとめローンは総量規制対象外ですが、借入できる金額には上限があります。
法的な上限はありませんが、金融機関がいくらまで融資するか決定します。
限度額500万円のまとめローンでも、500万円を確実に借りられるわけではありません。

総量規制対象外のまとめローンの利用における注意点は、生活費などには使用できないことです。
あくまでローン返済用の借入ですから、公共料金や食費の支払いに充てることはできません。
またカードも発行されず、口座引き落としや銀行振込によって毎月返済していくことになります。
総量規制対象外のキャッシングは収入証明書不要で借りられる?はこちら